SONY ソニー ビデオカメラ 新開発1/3型 3CMOS 4K60p収録 光学25倍ズーム ハンディカムコーダー XDCAM [PXW-Z190]

SONY ソニー ビデオカメラ 新開発1/3型 3CMOS 4K60p収録 光学25倍ズーム ハンディカムコーダー XDCAM [PXW-Z190]

販売価格: 453,600円(税込)

数量:
お問い合わせ
新開発1/3型 3CMOSを搭載し4K60p収録に対応。光学25倍ズームが可能なハンディカムコーダー

付属:レンズフード×1、大型アイカップ×1、USBケーブル×1、保証書×1、CDROM(取扱説明)×1

※ 安全に商品をご使用いただくために、ソニー純正のバッテリーパックをご使用くださいますようお願い申し上げます。他社製バッテリーパックが原因で発生した事故・故障につきましては一切の責任を負いかねますのでご了承ください



4K60p収録対応のCMOSイメージセンサーExmor Rを3板式で搭載
3板式にすることで、色分離に優れた高精細で階調のある4K画質を実現します。60p内部収録も可能になり、動きの速い対象を追う場合にも、くっきりと滑らかに捉えられます。また4:2:2 10bit記録対応(HDのみ)により、色彩と階調豊かな描写を実現します。


ズーム応答性が向上した光学25倍レンズ
ズームの応答性が向上した広角28.8mm、光学25倍ズームレンズを搭載。フォーカスのオート制御とフルマニュアル操作を切り替えできる前後スライド機構により、フォーカス指標に連動したマニュアルフォーカスコントロールが可能です。さらにHDモード時は、4K解像度を利用した解像度劣化のない2倍のズームが可能です。光学ズームレンズと併用することで最大50倍の高倍率ズームを実現します。



マルチフォーマット記録
XAVC-Long、DVCAMに加え、最大9MbpsのXAVC Proxyなど、多彩な記録フォーマットに対応します。さらに別売のMPEG HDアップグレードライセンス「CBKZ-SLMP」を適用するとMPEG HD422/MPEG HD420記録にも対応し、4K30p収録時にMPEG HD420でのHD同時記録も可能になります(*)。

* 2018年12月のバージョンアップにて対応予定。



進化した顔検出AF機能を搭載
人物の顔を検出し、自動でフォーカスを合わせる顔検出AFが進化し、人物以外の被写体も含めて撮影する場合に便利な「顔優先AF」に加え、今回新たに「顔限定AF」にも対応。顔登録機能を使えば、顔を登録した人物を自動で検出、追尾してオートフォーカスすることが可能になり、動きのあるイベントや人ごみの中など、4K撮影で要求されるシビアな取材現場においても、フォーカス合わせの負担を軽減できます。


※ 顔検出AF(オートフォーカス)機能 特設ページはこちら


1/4-1/128の電子式可変NDフィルター
電子制御により濃度を変えられる新しいNDフィルターデバイスにより、連続的に1/4-1/128の設定が可能です。従来のような4ポジションの運用に加えて、ダイヤル操作で自由に濃度を調整できます。絞りを固定したままNDフィルターで露出を調整することで、被写界深度を変化させずに最適な露出を得ることができます。


インスタントHDRワークフロー対応
HLGによる4K HDR撮影に対応し、従来よりも広いダイナミックレンジで撮影することで、視覚で捉えたイメージに近い輝度表現、コントラスト、色彩をもつ豊かな映像を残すことができます。HLGで記録した映像は、撮影後にカラーグレーディングを必要としないため、効率的なHDR映像の制作が可能です。


デュアルMIシュー対応
電気接点を持つマルチインターフェースシュー(MI)シューをハンドル前方だけでなく、新たに後方にも搭載したことにより、2つのMIシュー対応アクセサリーの同時活用が可能になります。例えば、ワイヤレスマイクUWPシリーズ(別売)のワイヤレスレシーバーからケーブルレスで音声信号を入力しながら、ビデオライト『HVL-LBPC』(別売)をカメラ本体の電源ON/OFFに連動させて点灯することが可能になるなど、軽量化と利便性が向上しました。


4chオーディオ入力
ショットガンマイクとUWPシリーズの併用などXLRとMI シューの同時運用による4chオーディオ入力に対応。独立型ボリュームダイヤルは2チャンネル分を搭載し、外部入力やMI シューに装着したワイヤレス受信機の音声をメニューに入ることなく自在に調整可能です。


充実したネットワーク機能
内蔵Wi-FiモジュールやEthernetコネクタ、市販の4G/LTEモデムを利用した、フレキシブルなネットワーク運用が可能です。ソニー独自のQoS技術を用い、業務用カムコーダーとして初めて、2本のネットワーク回線を束ねることによる、高品質なストリーミング機能に対応(*1)。 また、モバイルアプリケーション「Content Browser Mobile」を利用することで、機器の遠隔操作や、メディア残量等のステータス確認が可能です。REC状態でのFTP転送(*2)にも対応し、録画状態のまま運用を止めずに、撮影したファイルの転送ができます。

*1 2018年12月のバージョンアップと2018年12月発売予定の有償ライセンス『CBKZ-SLNW1』が必要です。別途『PWS-110RX1』用の有償オプションが必要です
*2 一部のフォーマットで撮影中は非対応です

Facebookコメント

レビュー

0件のレビュー