SONY ソニー UWP-D11 + SMAD-P3 ワイヤレスマイク+マルチインターフェースシューアダプター [UWP-D11 + SMAD-P3]

SONY ソニー UWP-D11 + SMAD-P3 ワイヤレスマイク+マルチインターフェースシューアダプター [UWP-D11 + SMAD-P3]

販売価格: 68,900円(税込)

商品詳細

SONY ソニー UWP-D11 + SMAD-P3 ワイヤレスマイク+マルチインターフェースシューアダプター







ボディーパックトランスミッターとポータブルダイバーシティーチューナーとのパッケージモデル。免許不要のB型規格を採用し、単体あるいは小型カムコーダーとの組み合わせにより、機動性のある音声収録が可能


商品構成:ボディーパックトランスミッター×1、ポータブルダイバーシティーチューナー×1、無指向性ラベリアマイクロホン×1、ウインドスクリーン×1、ホルダークリップ×1、XLR-BMP変換入力ケーブル×1、XLR-BMP変換出力ケーブル×1、シューマウントアダプター×1、ベルトクリップ×2、ステレオミニ-BMP変換ケーブル×1、ご使用になる前に×1、クイックスタートガイド×1、CD-ROM(マニュアル)×1、保証書×2

※ 受信機は、乾電池で連続約6時間の安定した動作が可能です
※ 送信機は、乾電池で連続約10時間の安定した動作が可能です




コンパンダー/エクスパンダーをデジタル処理

DSPを搭載しデジタルコンパンダー処理を実施。モード切替によって、ソニー800シリーズ、従来のUWPシリーズとも交信(他機種への送信、および他機種からの受信)が可能です。


従来機種の優れた機能を継承

ラベリアマイクはUWP-V1の高音質マイクを、チューナーの受信方式には、トゥルーダイバーシティー方式を採用し、送信出力の切替(10mW/2mW)も含めて、優れた機能を継承しています。


LINE入力

ボディーパックトランスミッターには、MIC/LINE切替がついているので、付属の変換ケーブルを使えば、オーディオ機器の出力をインプットできます。


位相切替機能

ボディーパックトランスミッターには、位相切替機能があり、逆相のマイクに対応しています。


視認性の高いディスプレイ



データ表示部は、従来の機器に対し面積比を2倍にして、視認性を高めました。





電波のサーチ

ポータブルチューナーには、空きチャンネルを探すクリアチャンネルスキャン、使用チャンネルを探すアクティブチャンネルスキャンがあり、現場での電波状況を把握して、希望のチャンネルにセットできます。


赤外線送受機能の採用

ポータブルチューナーで設定した周波数とコンパンダーモードを、赤外線送受機能でトランスミッターに送り、短時間でチャンネル設定が完了します。


豊富な電源運用



電池は、アルカリ乾電池、ニッケル水素充電池、リチウム電池の3種類が使用可能です。また、このトランスミッター/チューナーにセットされたニッケル水素充電池を、市販のUSBポータブル電源から充電することができます。(USBマイクロBタイプ)
さらに送受信機ともに、USB給電にてシステムの運用が可能です。






【SONY/ソニー マルチインターフェースシューアダプター SMAD-P3 】


MIシュー対応のカメラに取り付け、マイクケーブル不要のオペレーションが可能な、UWP-Dシリーズ・レシーバー用アダプター


UWP-Dシリーズポータブルチューナーを、カメラのMIシュー(マルチインターフェースシュー)に取付可能
・UWP-Dシリーズポータブルチューナーを、MIシュー対応のカメラに取り付けることができます。
・ポータブルチューナーの音声出力をカメラに送ることができ、ケーブルを省略できます。
・ポータブルチューナーの設定により、カメラからポータブルチューナーへ電源を供給することが可能です。
・ポータブルチューナーに電池が装着されていない場合は、自動的にカメラからの電源供給に切り替わります。このとき、カメラと連動してポータブルチューナーの電源をオン/オフできます。


対応カメラの情報
SMAD-P3とUWP-Dシリーズポータブルチューナーの組み合わせで運用が可能なカメラは、以下の機種となります。


XDCAMカムコーダー:PXW-X70、PXW-X160、PXW-X180、PXW-X280、
PXW-X200(*1)、PXW-FS7、PXW-FS5
デジタルビデオカメラ Handycam:HXR-MC2500、FDR-AX100(*2)、NEX-VG900(*2)& NEX-VG30(*2)
デジタル一眼カメラα(アルファ):α7(*2)、α7R(*2)、α7S(*2)、
α99(*2)、α7 MarkII(*2)、α7R MarkII(*2)、α7S MarkII(*2) デジタルスチルカメラ Cyber-shot:DSC-RX10(*2)


*1 PXW-X200のファームウェアはVer.2.00以上にアップデートされている必要があります
*2 これらのモデルでご使用の際は、電源供給機能及びON/OFF連動機能は使えません。受信機に新しい単3アルカリ電池を装着し、受信機の優先電源選択メニュー(POWER SEL)をBATTERYモードにしてください。なお、電池残量が1目盛以下に減った場合は速やかに新しい電池に交換してください。ご使用状態によってはカメラの電源がOFFになり、データが損なわれる場合があります
※ 2016年1月現在


この商品の主な仕様
消費電流:8mA以下
出力インピーダンス:1kΩ以下
動作温度:0 - 50℃
保存温度:-20 - +55℃
外形寸法(幅×高さ×奥行):約68×60×55mm
重量:約36g(端子保護キャップを除く)

Facebookコメント

レビュー

0件のレビュー